研究業績- ACHIEVEMENTS -

主要な論文・著書等

【論文・著書】 *Corresponding author(責任著者)

  • Tsujimura K*., MicroRNA From Bench to Bedside, Chapter 17 "MicroRNAs in neurological diseases” Elsevier (2022)
  • Akaba Y., Shiohama H., Komaki Y., Seki F., Ortug A., Sawada D., Uchida W., Kamagata K., Shimoji K., Aoki S., Takahashi S., Suzuki T., Natsume J., Takahashi E., Tsujimura K*(*Corresponding/Last author). Comprehensive Volumetric Analysis of Mecp2-null Mouse Model for Rett syndrome by T2 Weighted 3D Magnetic Resonance Imaging. Front Neurosci 16, 885335 (2022)
  • Shiohama, H., Tsujimura, K., Quantitative Structural Brain Magnetic Resonance Imaging Analysis: Methodological Overview and Application to Rett Syndrome. Front Neurosci, 5(16), 835964 (2022)
  • Shiohama T., Ortug A., Warren JLA., Valli B., Levman J., Faja SK., Tsujimura K., Maunakea AK., Takahashi E. Small Nucleus Accumbens and Large Cerebral Ventricles in Infants and Toddlers Prior to Receiving Diagnoses of Autism Spectrum Disorder, Cereb Cortex, 283 (2021)
  • Nakashima H., Tsujimura K*(責任著者)., Irie K., Imamura T., Trujillo CA., Ishizu M., Uesaka M., Pan M., Noguchi H., Andoh-Noda T., Okano H., Nakashima K*. MeCP2 controls neural stem cell fate specification through miR-199a-mediated inhibition of BMP-Smad signaling, Cell Rep, 35(7), 109124 (2021)
  • Kato H., Tsujimura K(33名中13番目)., Ozaki N*. Rare genetic variants in the gene encoding histone lysine demethylase 4C (KDM4C) and their contributioins to susceptibility to schizophrenia and autism spectrum disorder, Translational Psychiatry, 10(1), 421 (2020)
  • Sekiguchi M., Tsujimura K(45名中15番目)., Ozaki N*. ARHGAP10, which encodes Rho GTPase-activating protein 10, is a novel gene for schizophrenia risk, Translational Psychiatry, 10(1), 247 (2020)
  • Tsujimura K*(責任著者)., Nakashima K*. Stem Cell Genetics for Biomedical Research “Rett Syndrome and Stem Cell Research”, Springer (book), 27-41 (2018)
  • Nakashima H., Tsujimura K*(責任著者)., Irie K., Ishizu M., Pan M., Kameda T., Nakashima K*. Canonical TGF-B Signaling Negatively Regulates Neuronal Morphogenesis through TGIF/Smad Complex-Mediated CRMP2 Suppression, J Neurosci, 38, 4791-4810 (2018)
  • Tsujimura K*(責任著者)., Nakashima H., Irie K., Nakashima K*. Emerging roles for miRNA-based post-transcriptional regulation in neuronal morphogenesis and neurodevelopmental disorders, RNA&DISEASE, 3, e1456 (2016)
  • Irie K., Tsujimura K*(責任著者)., Nakashima H., Nakashima K*. MicroRNA-214 promotes dendritic development by targeting the schizophrenia-associated gene Quaking (Qki), J Biol Chem, 291, 13891-13904 (2016)
  • Tsujimura K., Irie K., Nakashima H., Egashira Y., Fukao Y., Fujiwara M., Itoh M., Uesaka M., Imamura T., Nakahata Y., Yamashita Y., Abe T., Takamori S., Nakashima K*. miR-199a links MeCP2 with mTOR signaling and its dysregulation leads to Rett syndrome phenotypes, Cell Rep, 12(11), 1887-1901 (2015)
    F1000 Prime Recommended. https:f1000.com/prime/725773042
  • Guo W., Tsujimura K#(#Co-First author)., Otsuka MI., Irie K., Igarashi K*., Nakashima K*., Zhao X*. VPA Alleviates Neurological Deficits and Restores Gene Expression in a Mouse Model of Rett Syndrome, PLOS ONE, 9(6), e100215 (2014)
  • Juliandi B, Tanemura K, Igarashi K, Tominaga T, Furukawa Y, Otsuka M, Moriyama N, Ikegam Di, Abematsu M, Sanosaka T, Tsujimura K, Narita M, Kanno J, Nakashima K. Reduced Adult Hippocampal Neurogenesis and Cognitive Impairments following Prenatal Treatment of the Antiepileptic Drug Valproic Acid STEM CELL REPORTS 5(6) 996-1009 2015年12月
  • Fujimoto Y, Abematsu M, Falk A, Tsujimura K, Sanosaka T, Juliandi B, Semi K, Namihira M, Komiya S, Smith A, Nakashima K. Treatment of a Mouse Model of Spinal Cord Injury by Transplantation of Human Induced Pluripotent Stem Cell-Derived Long-Term Self-Renewing Neuroepithelial-Like Stem Cells STEM CELLS 30(6) 1163-1173 2012年6月
  • Juliandi B, Abematsu M, Sanosaka T, Tsujimura K, Smith A, Nakashima K. Induction of superficial cortical layer neurons from mouse embryonic stem cells by valproic acid NEUROSCIENCE RESEARCH 72(1) 23-31 2012年1月
  • Abematsu M., Tsujimura K., Yamano M., Saito M., Kohno K., Kohyama J., Namihira M., Komiya S., Nakashima K*. Neurons derived from transplanted neural stem cells restore disrupted neuronal circuitry in a mouse model of spinal cord injury, J Clin Invest, 120(9), 3255-66 (2010)
  • Tsujimura K., Abematsu M., Kohyama J., Namihira M., Nakashima K*. Neuronal differentiation of neural precursor cells is promoted by the methyl-CpG-binding protein MeCP2, Exp Neurol, 219, 104-111 (2009)

【知的財産権】

  • 出願番号 : 特願2022-070553
    発明者 : 辻村啓太、夏目淳
    発明の名称 : レット症候群を検査する方法及びレット症候群の治療効果を評価する方法
    出願人 : 東海国立大学機構(名古屋大学)
  • 特許番号 : 特許第6869587号(登録日:2021年4月16日)、
    出願番号:特願2019-46718(出願日:2019年3月14日)
    発明者:辻村啓太、尾崎紀夫、阿部洋、木村康明、
    発明の名称:マイクロRNAプロセシング活性の検出方法及びその応用
    出願人:東海国立大学機構(名古屋大学)
  • International Application number: PCT/JP2020/2568,
    Inventors: Keita Tsujimura, Norio Ozaki, Hiroshi Abe, Yasuaki Kimura,
    Title: Detection method of microRNA processing activity and its application
    Applicant: Nagoya University
    Filing date: Jan 24, 2020
  • 出願番号:特願2021-088243(出願日:2021年5月26日)
    発明者:辻村啓太
    発明の名称: タンパク質間相互作用評価技術とその応用
    出願人:東海国立大学機構(名古屋大学)

【書籍等出版物】

  • マイクロRNAを介した発達障害・精神障害の分子病態
    辻村啓太, 尾崎紀夫
    最新医学社 2019年
  • 神経・精神疾患の原因探索と創薬に向けた研究の展開「神経発達障害原因因子MeCP2による神経機能制御の分子基盤」
    辻村啓太
    医薬品医療機器 レギュラトリーサイエンス 2018年
  • レット症候群病態に重要なMeCP2の新機能 –MeCP2によるmicroRNAプロセシングを介したmTOR制御-
    辻村啓太, 中島欽一
    生化学 2017年
  • レット症候群とMeCP2
    辻村啓太, 入江浩一郎, 中嶋秀行, 中島欽一
    遺伝子医学MOOK 2013年
  • 神経幹細胞の分化誘導と移植治療への応用
    辻村啓太, 中島欽一
    幹細胞の分化誘導と応用 2009年
  • 神経幹細胞の分化とエピジェネティクス
    佐野坂司, 辻村啓太, 中島欽一
    蛋白質核酸酵素 2008年

主要な招待講演

  • Regulation of neuronal development by Rett syndrome causative gene MeCP2, Keita Tsujimura, The 14th Annual Meeting for Japanese Developmental Neuroscientists Korea Japan Joint Symposium, オンライン, 2021/3/20
  • 治療法開発とMRI研究, 辻村啓太, 2021 レット症候群とMECP2重複症候群合同シンポジウム, オンライン, 2021/02/21
  • 発達障害の脳細胞系譜病態と神経幹細胞運命決定機構, 辻村啓太, 若手新分野創成ワークショップ 「脳を知り、疾患を理解する」, オンライン, 2021/2/3
  • Regulation of functional neural circuit development by Rett syndrome causative factor MeCP2, Keita Tsujimura, The 43rd Annual Meeting of Japan Neuroscience Society 第43回日本神経科学大会 基礎-臨床連携シンポジウム(国際シンポジウム) Learning from disease models: understanding developmental disorders by multi-disciplinary approaches, オンライン, 2020/7/30
  • Regulation of functional neural circuit development by Rett syndrome causative factor MeCP2 Keita Tsujimura
    The 43rd Annual Meeting of the Japan Neuroscience Society (Neuro2020) symposium 2020年7月30日
  • Rett症候群における神経回路病態の解明と治療法開発
    辻村啓太
    2020レット症候群とMECP2重複症候群合同シンポジウム 2020年2月2日
  • Rett症候群原因因子MeCP2によるmicroRNAプロセシングを起点とした神経機能制御のその応用
    辻村啓太
    マルチスケールに理解する脳機能、名古屋大学 研究大学強化促進事業 若手新分野フロンティア シンポジウム 2018年3月14日
  • 精神障害の分子病態研究と治療法開発
    辻村啓太
    名古屋大学の卓越・先端・次世代シンポジウム・生命科学のフロントランナー 2018年1月11日
  • レット症候群の新たな分子病態メカニズム
    辻村啓太
    愛知県心身障害者コロニー発達障害研究所公開セミナー 2017年12月26日
  • 神経発達障害原因因子MeCP2による神経機能制御の分子基盤 辻村啓太
    日本薬学会第137年会 2017年3月25日
  • Molecular basis for the regulation of excitatory synaptic transmission by the Rett syndrome causative protein
    Keita Tsujimura
    Neuro2014 2014年9月13日
  • MeCP2 controls neuronal function by regulating Drosha-mediated microRNA biogenesis
    Keita Tsujimura
    NEURO2012 2012年9月18日
  • MeCP2 controls neuronal function by regulating Drosha-mediated microRNA biogenesis
    Keita Tsujimura
    Top Runners〜Women’s life in Science」・NAIST International Symposia Satellite Workshop 2012年1月19日

主要な受賞歴

  • 第5回 日本RNAi研究会 最優秀奨励賞, 2013

学術貢献活動

  • 論文査読 (Psychiatry and Clinical Neurosciences誌)
    査読
    2021年8月 - 2021年8月
  • 論文査読 (Psychiatry and Clinical Neurosciences誌)
    査読
    2021年7月 - 2021年7月
  • 論文査読 (Cellular Signalling誌)
    査読
    2021年4月 - 2021年4月
  • 論文査読 (Cellular Signalling誌)
    査読
    2021年3月 - 2021年3月
  • 論文査読 (Molecular Psychiatry誌 [Nature Publishing Group])
    査読
    2021年3月 - 2021年3月
  • 論文査読 (Cellular Signaling誌) 2
    査読
    2021年2月14日 - 2021年2月14日
  • 論文査読 (Cellular Signaling誌) 1
    査読
    2021年2月5日 - 2021年2月5日
  • 若手新分野創成ワークショップ「脳を知り、疾患を理解する」
    企画立案・運営等, パネル司会・セッションチェア等
    名古屋大学高等研究院・発達障害革新研究開発ユニット(代表: 辻村啓太) 2021年2月3日 - 2021年2月3日
  • 論文査読 (Journal of Neurochemistry誌)
    査読
    2021年1月 - 2021年1月
  • 論文査読 (Cellular Signaling)
    査読
    2021年1月 - 2021年1月
  • 論文査読 (Cellular Signaling)
    査読
    2020年12月 - 2020年12月
  • 論文査読 (Stem Cells誌)
    査読
    2020年12月 - 2020年12月
  • 論文査読 (Journal of Neurochemistry)
    査読
    2020年12月 - 2020年12月
  • 論文査読 (Stem Cells)
    査読
    2020年11月 - 2020年11月
  • 論文査読 (Molecular Psychiatry誌 [Nature Publishing Group])
    査読
    2020年9月 - 2020年9月
  • 論文査読 (Frontiers in Cell and Developmental Biology誌)
    査読
    2020年5月 - 2020年5月
  • 論文査読 (Cellular Signaling)
    査読
    2019年9月 - 2019年9月
  • 論文査読 (Psychiatry and Clinical Neurosciences)
    査読
    2018年 - 2018年

社会貢献活動

  • AMED難治性疾患実用化研究事業・辻村班とMECP2重複症候群家族会との意見交換会(第2回)
    2021年9月5日(日)
  • AMED難治性疾患実用化研究事業・辻村班とNPO法人レット症候群支援機構(家族会)との意見交換会
    2021年8月29日(日)
  • MECP2重複症候群家族会との意見交換会
    司会, 企画, 運営参加・支援
    AMED・難治性疾患実用化研究事業・辻村班(病態解明・若手)・MECP2重複症候群家族会 AMED・難治性疾患実用化研究事業・辻村班(病態解明・若手)とMECP2重複家族会との意見交換会 2021年2月21日 - 2021年2月21日
  • 脳の発達の仕組みを遺伝子から紐解く
    講師
    あいちサイエンスフェスティバル2020 あいちサイエンスフェスティバル2020 サイエンストーク 2020年11月2日 - 2020年11月2日
  • NPO法人レット症候群支援機構調査班との意見交換会
    取材協力, 助言・指導, 情報提供, 運営参加・支援
    NPO法人レット症候群支援機構調査班および発達障害革新研究開発ユニット NPO法人レット症候群支援機構調査班との意見交換会 2020年7月15日 - 2020年7月15日
  • 発達障害の原因メカニズムを解き明かせ! -治療法開発への挑戦-
    講師
    あいちサイエンスフェスティバル2019, 名大カフェ Science, and Me 2019年11月20日
  • 脳の発達と病気のはなし
    講師
    名古屋大学 名古屋大学オープンレクチャー 2019年3月21日