お知らせ- INFORMATION -

発達障害・レット症候群モデルの新たな脳構造異常を特定した研究成果が公開されました

当グループとハーバード大学医学部マサチューセッツ総合病院のEmi Takahashi博士、医学系研究科の夏目 淳特任 教授、千葉大学大学院医学研究院の塩浜 直 助教、実験動物中央研究所の小牧 裕司 博士、旭川医科大学の高橋 悟 准教授、順天堂大学医学部の青木 茂樹 教授らとの国際共同研究により、重篤な発達障害を呈するレット症候群モデルマウスの脳における構造異常を新たに特定しました。特別研究学生の赤羽さんが筆頭著者の論文です。

  • Title: Comprehensive Volumetric Analysis of Mecp2-Null Mouse Model for Rett Syndrome by T2-Weighted 3D Magnetic Resonance Imaging
  • Author: Yuichi Akaba, Tadashi Shiohama, Yuji Komaki, Fumiko Seki, Alpen Ortug, Daisuke Sawada, Wataru Uchida, Koji Kamagata, Keigo Shimoji, Shigeki Aoki, Satoru Takahashi, Takeshi Suzuki, Jun Natsume, Emi Takahashi, Keita Tsujimura
  • Journal: Frontiers in Neuroscience
  • Publish Date: 10 May 2022 |https://doi.org/10.3389/fnins.2022.885335
  • Link:https://www.frontiersin.org/articles/10.3389/fnins.2022.885335/full